赤穂建設株式会社赤穂建設株式会社

赤穂建設株式会社 長野県駒ヶ根市飯坂1-10-38

 

9月2日 現場日誌 Vol.82

監督です。朝晩めっきり涼しくなりましたね!皆さんお変わりありませんか?

只今建設中の事務所もお陰さまでほぼ出来上がりまして、後は舗装を残す状態となっています。

 
本日は、エントランスに使用した「コンクリートスタンプ」というものを紹介します。

当初設計では、階段を昇って再度段を付けて扉を開けるというアプローチで、タイルで仕上げる予定

でしたが、小島工業の社長さんの提案で段を止めて、直接階段からスロープでエントランスに行ける

ように変更し、「スタンプコンクリート」を採用することにしました。

タイルや石に比べて耐久性が良く、建物の魅力を存分に引き立たしてくれます。

スタンプコンクリートとは、コンクリートがまだ固まる前に、天然石やレンガなどの模様の

ついた『型』を押し付け、表面に模様をつける工法です。(よく大型店舗などの床に使われています。)

このスタンプコンクリートには、石目調を始め、タイル調、木目調、枕木調などの模様があり、

色も16色もありますので、その組合せになると320通りにもなるそうです。

 
ここで、コンクリートスタンプの作業の流れを紹介しましょう。

生コン打設し、生コンを平滑に均した後、スタンプハードナーEXという仕上がりの色になる粉末を

散布します。

DSC08706.JPG 粉末をコテで均している様子

 
DSC08710.JPG リリースオイルを散布している様子

自然な濃淡が生まれ、リアルさを演出します。この作業が、職人さんのセンスに左右され出来映えに

反映されます。

 
DSC08716.JPG 型押しの状況

(模様がついたゴム状の型枠で多彩なシーンを作っていくわけですが、この型枠がお高いそうです。)

養生した後、目地の補修などを行い仕上げで「スタンプコート」等の専用トップコートを塗布して完成と

なります。

P9020019.JPG 仕上がりの様子

今回のように現場では、職人さんの提案により変更することは多々あります。そのような提案で、

建物が断然良くなっていくのです。それだから現場は、面白いですね!

このスタンプコンクリートは初めて採用しましたが、採用してみて本当に良かったです。

これで新規のお客様にもこのスタンプコンクリートを紹介することができます。

現場に来ている他の職人さんからも、「え!これ石じゃないの?とてもコンクリートには思えない!」と

驚かれました。

是非店舗オープンの際には、建物全体を見て頂きたいと思います。

 
今回、このスタンプコンクリートでお世話になったのは、

   有限会社 小島工業さんです。

    住所:駒ヶ根市赤穂3463、電話:0265-83-9822

DSC08696.JPG 作業をしてくれていますのが小島社長さんです。


■ このカテゴリーの記事一覧(新着順)

赤穂建設株式会社